支付宝決済報告が発表 中国でモバイル決済が人気 


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿里巴巴(アリババ)グループの決済サービス代行会社「支付宝」(アリペイ)が13日、2013年の決算報告を発表した。利用者一人一人が自身の出費情況や生活の軌跡をたどれるだけでなく、インターネット経済のモデル転換、社会生活や消費方式の転換をうかがう新たな窓口にもなっている。人民日報が伝えた。

 ▽遠隔地の利用者にモバイル決済が人気

 過去1年間はモバイル決済が急激な勢いで発展した年だった。支付宝の決算報告によると、業界トップの支付宝のモバイル決済サービス「支付宝銭包」は13年の利用者が同547%増加し、双11の一日だけ阿出取引件数は4518万件に達した。

 モバイル決済が取引全体に占める割合を地域別にみると、モバイル決済を最もよく利用しているのは遠隔地の利用者たちだ。割合が最も高いのは青海省玉樹蔵族自治州で、38.3%の浸透率だ。2位は西蔵(チベット)自治区阿里地区、3位は青海省黄南蔵族自治州。モバイル決済上位10地域をみると、青海省、西蔵自治区、内蒙古自治区といった遠隔地にある少数民族居住地域がランキングを独占している。

 これまでと異なるのは、13年のモバイル決済はオンラインとオフラインを網羅するようになり、生活スタイル変革の大きな扉を開けたということだ。過去1年の間に、モバイル端末にある支付宝銭包サービスは、ネットショッピングや各料金の支払い、返済などのツールにとどまらず、モバイル生活の「助っ人」となり、コンビニエンスストアでの買い物、タクシー料金の支払い、映画館での入場券購入などさまざまな場面で利用されるようになった。

 ▽「田舎の人」はネットショッピング年80件
ある県では13年の支付宝利用者のネットショッピング平均利用額が4万元を超えたと聞いたら、信じられるだろうか。これは浙江省義烏県で本当にあったことだ。義烏県だけではない。平均利用額が2万元や3万元を超えた県はほかにもたくさんある。

 13年の決算報告はネット消費上位100県(市)を初めて発表した。それによると、上位10県市には浙江省義烏県、江蘇省昆山市、江蘇省常熟市、浙江省楽清市、福建省晋江市、浙江省蒼南県、浙江省瑞安市、浙江省慈渓市、江蘇省江陰市、江蘇省呉江市が並んだ。

 統計によると、上位100県市は主に江蘇省、浙江省、福建省の3省にかたまっており、浙江省が最も多く36県市に上る。新疆維吾爾(ウイグル)自治区庫爾勒市はランキング末席の100位だったが、全国約2800県市の中からランク入りしたことに驚きの声が上がっている。

 支付宝によると、上位100県市の利用者は13年のネットショッピング利用件数が一人あたり平均80件に達する。いわゆる「田舎の人」がこれまで味わうことのなかったネットショッピングの楽しみを享受しており、国内のサイトはもとより海外のサイトでも盛んに買い物している。江蘇省宜興市の利用者が最も流行に敏感で、利用者100人中9人が海外サイトを利用する。

 支付宝の決算報告のプロジェクト責任者によると、上位100県市でのネットワーク経済の認知度や高いネット消費力から、三線・四線地域の支付宝利用者が過去1年間に持続的に増加したこと、消費パワーが急速に積み上がって内需拡大の潜在力がある県地域で爆発したことがわかるという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2014年1月15日