一人っ子政策緩和を全国に先駆け実施、浙江省


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浙江省では17 日から、一人っ子政
策の緩和を全国に先駆け実施した。
緩和が実行に移されたのは全国の
省・自治区・直轄市では初めて。夫
婦のどちらか一方が一人っ子であれ
ば、第2子の出産が認められる。高
齢化や労働人口減少に対応する狙
い。
 浙江省人民代表大会常務委員会が
同日に関連条例の改正を承認した。
浙江省衛生計画生育委員会が定めた
細則では、夫婦どちらか一方が浙江
省に戸籍を持っていれば政策の恩恵
を受けることができる。
 19 日付東方早報によると、緩和の
実施を受け、浙江省では向こう5年
の年平均出生数が約10 万人となる
見通しで、直近10 年の年平均約8万
人から2万人前後増える計算。
 一人っ子政策の緩和は、昨年11 月
19 日に同省舟山市で導入されてい
た。今後は全国各地の状況を見なが
ら範囲を広げるとみられる。