※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


リオレウス攻略

初出はMH。

基本情報

雌火竜と対をなす、赤い甲殻を持つ雄の飛竜種モンスター。MHシリーズを通しての看板ともいえる非常にメジャーな存在。
脚力による地上戦が得意なリオレイアに対し、優れた飛行能力を有するため巣を空から監視する役割を担っている。
侵入者には空中から毒を持つ脚爪や火球ブレスを使い強襲する。このことから「空の王者」の異名を持つ。

状態

怒り

疲労

瀕死

部位破壊

その他

攻撃パターン



武器別攻略

共通
シリーズ共通で耳栓があることで難易度が劇的に変わる。
耳栓がある場合は怒りのカウンター咆哮からのバックジャンプブレスは、武器をしまって閃光を投げれるくらいの余裕が出来る。
逆に耳栓が無ければ立ち位置によってはバックジャンプブレスが確定で当たる為、正面や懐は危険地帯となる。

閃光玉を滞空時に当てると落し物+落下ダウンを狙える。
滞空時間が長いため積極的に狙って行きたい。


剣士

大剣
リーチとスーパーアーマーで滞空中も攻撃を当てやすいが、滞空キックの精度がかなり高いので欲張るのは危険。
基本は抜刀→回避で手堅く。地上ブレスや高高度ブレスorキックの後の降下などの隙に溜め切りを狙おう。
適切な攻撃ができれば、立ち回り自体は基本的なので戦いやすい相手。


太刀

片手剣
基本的には脚を狙っていって転倒をさそい、ブレス時などチャンスには頭を狙う。
リオレイアと立ち回りは似ているが、よく飛ぶため、打点の低い片手剣と基本的に相性はよくない。
だが、咄嗟にアイテムを使える利点を活かして「飛ぶ→閃光玉」で叩き落せば有利に戦えるので、在庫と要相談。
乗りのジャンプ斬りや、そこからのダウンなら打点の低さを克服できるため、狙えるマップなら積極的に狙っていきたい。
しかし、足元に潜ることが多い片手剣にとっては「よく飛ぶ=風圧をよく受ける」で、むしろこちらで被弾が増えるのが問題。
風圧無効がついているとより安全に立ち回れるか。咆哮はできればガードしたいが、よく吠えるので耳栓も手。

双剣

ハンマー
地上時はリオレイア同様、相手を追いかけながら振り向きざまに溜め2,3で頭を狙う。単発ブレスも近づけば攻撃チャンスでしかない。
ただあちらと違い、カウンターボイス→バックジャンプ火球が怖い。
スタンに躍起になってリオレウスの頭付近にいると避けられなくなるので、耳栓が無い場合くれぐれも注意。
問題は飛んでいる時。溜め2やホームランの打点で当てられなくはないが、滑空やら風圧やらを食らいやすく、やはり辛い。
素直に閃光玉(余裕があるなら調合分も)を持ち込んで墜落させ、もがいている間に縦3を入れるのが安全で大ダメージを与えられる。スタンに持っていくことも容易い。
閃光玉が無い・使い切った場合で飛ばれた場合は足元に潜り込んで溜め2→離脱が良いか。納刀して素直に降りるのを待ってもいい。
風圧無効があれば相手のホバリング時でも風圧を気にしなくていいが、ハンマーの溜めモーションでも無効にできる。アイテムや腕前と相談しよう。

狩猟笛

ランス
低空飛行で頭の上に陣取られることが多いので、快適に戦うには風圧無効がほぼ必須。
怒り移行時の咆哮には上手くカウンター突きを合わせよう。
たまにホバリングバックブレスを連発しどんどん遠くに行ってしまうことがあるが、納刀術を発動していれば閃光玉で落とすチャンスになる。
納刀が早いと様々な面(解毒・回復・武器研磨のためのエリアチェンジ、閃光玉投げなど)で安全に立ち回れるので、一考の余地あり。
ガード性能は1があればよい。

ガンランス
防御面ではランスに準ずる。
怒り移行時は素直にガードからガード突きなどの隙の少ない攻撃を入れ、再度ガード状態に移行すること。欲張ると風圧またはブレスの餌食になる。
上方へ向けての砲撃で墜落を誘発しやすいが、こちらもあまり欲張ると被弾の原因になる。

スラッシュアックス

チャージアックス
剣モードで脚や頭を切り刻み、ビンを溜めたあとは
斧モードで尻尾、翼の部位破壊を狙っていく。
部位破壊後は剣、斧ともに頭を狙うことで時間短縮に繋がる。

咆哮をガードポイント活用するときはめくられやすいので注意。
対面ではなく、潜り込んでからモンスターの向いている方向で攻撃していた場合はガードポイント利用も狙えるが、
普段からその位置で立ち回っていると次は突進をガードできない。
開幕は潜り込んでから方向調整、X、Xから変形ガードポイントでスムーズにスタートがきれる。

滞空時は斧の振り下ろしや切り上げで墜落を狙えるがよくばるとすぐに被弾する。
大人しく納刀して閃光やジャンプ攻撃を狙うが吉。

操虫棍
セルフジャンプからの墜落を率先して狙っていける為
恐らく全武器中最も相性がいいと思われる。
勿論欲張るとすぐに被弾するので、動きを見る必要はある。
咆哮は3色そろえで回避が出来るし、セルフジャンプで弾かれれば直後の火炎も食らわないが、
慣れるまでは耳栓を推奨。

基本的には非怒り時はジャンプはせずに他武器と同じく地上にいる時に攻撃し、怒り時に乗りを狙おう

赤エキス:頭
オレンジエキス:尻尾
白エキス:翼

ガンナー

ライトボウガン
空中にいることが多いため、通常弾などで狙撃し、落としながら戦う。
墜落させれば、しばらくダウン状態になるので、狙い放題になる。
リオレウスが地上に降りたら、貫通弾に切り替え、頭から尾に通すように狙っていく。
うまく落とせない場合、閃光玉で仕切り直しても良い。
注意するのは、空中からのブレスと飛びかかり。防御力や火耐性が低いと、即死級のダメージになることもある。
通常弾と貫通弾だけでは時間がかかり、リスクも増すため、電撃弾を持ち込んで時間短縮を図りたい。
速射は腕と相談して決めると良い。

ヘビィボウガン
回避スキルや回避距離、耳栓があると、かなり戦いやすくなる。
基本の立ち回りは、空中にいるリオレウスを落とすことから始まる。閃光玉や狙撃で地上に落としてしまおう。
怒り状態のリオレウスはかなり攻撃が速いので、ソロの場合は空を飛んだら無理に撃ち落そうとせず閃光玉に頼ろう。
地上に降りたら、貫通弾で攻撃していく。リロードが遅い銃なら、通常弾LV3でも良い。
しゃがみ撃ちは、閃光玉で空中から落とした後や、罠にかけた状態が狙い目。
あと一発……と欲張らずに、適当なところで攻撃を切り上げ、安全圏を確保するようにしていこう。


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
※ここはボスの攻略情報を載せるページです。 基本能力や剥ぎ取り情報に関するコメント はこちらに→基本情報
※攻略を記入する場合、~の装備なら楽勝などのコメントは参考になりませんので具体的な方法がある場合のみ書いて下さい。
※コメント欄は質問や雑談をするところではありません。質問や雑談は掲示板で。不要なコメントは随時削除します。

|