見境のない神


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

営業マンが自分の会社の商品を熱心に語れば語るほど単なる節つこい押し売りに成り下がってしまう。

そういった商品のことを知るよりもまずは顧客を知った方が何よりも契約の近道となる。

顧客のビジネスや顧客が抱えている課題を知ることの方がまずは先決だという意識を持つことが何よりも大切であると感じる。
自社の商品やサービスを知る事はそれからでも遅くは無いはずで、それは顧客にとってあくまでも手段にしかすぎないからである。顧客知識を満載にすることが出来れば、営業マンはお客の抱えている課題がかかるので課題がわかれば何を提供すれば良いかっていうことも自然とわかってくるはずだという考えに至る。