Android TV Boxで出来ること・出来ないこと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Android TV Boxが他のスマートテレビボックスやスマートテレビスティックと違うところ

 

1. USBポート2つとLANポート搭載で
キーボードとマウス、LANケーブルをつなげれば正にパソコンですね。
 

 

 

 

2. 見た目だけではありません。使用感もパソコン並みです。
クアッドコア搭載でパソコンと同じくらい、またはパソコン以上の情報処理能力です。
LANケーブル搭載だからWi-fi環境が不安定でも大丈夫。1080pの高画質動画も滑らかです。

 

3. オフィス系アプリも使えています。
これでファイルの作成・編集ができてほぼパソコン作業ですね!
 

 

4. ゲームアプリもダウンロードして遊べます。
USB式ゲームコントローラーで操作すれば本格的なゲーム機で
Androidゲームを遊ぶ感覚です!
※すべてのゲームに対応しているわけではありません。
※ゲームコントローラー同期アプリが必要です。

5. もちろん、ネットと言えばSNS、オンラインショッピング、ネット動画も。

 

6. そしてやっぱりDLNA搭載で無線でパソコンからの動画や画像、メディアが楽しめます。
 

仕事用でなければ、パソコンのほとんどの使い道がAndroid TV Boxで出来てしまうのでは?

Android TV Boxは14800円で販売されています。

 

>>Android TV Boxの詳細はこちら