Android TV Boxとは?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Android TV Boxとは?

 

Android TV Boxはスマートフォンのテレビ版のようなものです。
もちろんキャリアやMicが内臓されていないものが多いので通話は出来ないですが、
ゲーム、アプリ、インターネット、動画・画像・音楽再生などに使えます。

簡単に言えばAndroid OS搭載のPCです。

Android TV Boxはインターナル社が販売している製品ですが、
ほかにも似たようなミニ・PCが多数販売されています。

GooglePlayから動画をダウンロードしてテレビで見たり、
ゲームのアプリをダウンロードしてテレビゲーム、
テレビでYoutubeやLINEでチャットなんかで楽しまれたりします。

「スマート・テレビ」系として分類することが出来ます。

◆ボックス型・スティック型

Android TV Boxはボックス型に分類されます。
ボックス型は名前の通り、小さい箱の形をしてテレビの近くに置きます。

場所を取りますが、利点として
Wi-fiの受信が良かったり、
USBポートが多かったり、LANポートが付いていたり、
SDカードを読み込むことが出来ます。

スティック型は小さく、直接テレビのHDMI端子に接続するので
場所を取りません。
またプロセッサやCPUの性能もほんとんどボックス型と変わりませんので、
一見スティック型のほうが良いように思えます。
しかし、小さい分USBポートが1つだけだったり、Wi-fiしか使えない場合が殆どです。

■ ボックス型ができること

Android TV製品は大抵リモコンが付いてきますが、
リモコンだけだと非常に操作性が悪く、かえって使い勝手が悪くなりますので
最低マウスだけは必需品です。

USBメモリーから動画を読み込んだりして、マウスを繋げば
最低でもUSBポートが2つ必要ですし、キーボードも繋げるとなると
USBポートが多くて越したことはないです。

またLANポートも重要です。

Wi-fi-に頼ってて接続が悪くなると動作が非常に重くなるため
LANポートからのネットのほうが圧倒的に安定性があります。

またスマートテレビ系の製品は多くの場合輸入ものが多く、
電波法の技適マークを取得していないので、Wi-fiを使ってしまうと違法になったりします。

LANポートのないスティック型を普通に使ってしまうと、
もちろん電波法違反になる可能性があります。

 

◆ 性能の重要性

今の時代、パソコンやスマホなででも動作の軽快さ、スピードの基準があがり、
Android TV 製品でもスマホレベルの動作を期待するのが当たり前です。

しかし、日本で販売されてるAndroid TVの多くはちょっと時代遅れで
いまだに動作が遅いものが多いのです。
スマホやパソコンでの操作に慣れてると、余計遅く感じてしまい
結局使う意味がなくなってしまうほどです。

パソコンでも同じですが、
性能の基準としてプロセッサとCPUを見ると良いでしょう。

プロセッサの種類にはシングルコアからクアッドコアまであります。
(それ以上の物もパソコンならあります)
これは単純に多ければ多いほど情報処理能力が高く、動作が速くなります。

パソコンで言うとデュアルコアが一昔前の平均基準でしたが、
今では最低ラインです。

クアッド・コアならデュアルコアの2倍の処理能力ですので
これぐらいないと動画がスムーズに再生されません。

 

■ Android TV Box

上記の点をクリアしていればどこのAndroid TV製品も大丈夫でしょう。
インターナル社の「Android TV Box」もすべての点において基準を満たしているので
おすすめしていますがサポートと1年保障が付いているいます。

また搭載Android OSの更新も行えるサービスがあります。

「Android TV Box」の詳細は左上のバナーから。