東軍のキャスター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【東軍のキャスター】

『怯え、震え、怖れよ人間。
ワシは山本五郎左衛門。
闇に嗤い蠢く怪異の王だ』

クラス:キャスター
マスター:のぶたか(@nbtk_4)
真名:山本五郎左衛門
性別:男
属性:混沌・中庸
ステータス:筋力D 耐久D 敏捷C 魔力A 幸運C 宝具B
クラス別スキル:陣地作成A 道具作成C
固有スキル:
【妖の王:A】
数多の怪異を束ねる魔王であるため得たスキル。
怪異を使役し自身やマスターの警護を行わせたり、敵陣の偵察をさせる事が可能。
怪異は実体を持つがヒトが怪異に対しての恐れを忘れない限りはほぼ不滅のため封印されない限り撃破されても蘇る。
宝具:
【万妖物怪録(ばんようもののけろく)】
100人の勇敢な人間の心を折るという勝負の過程で勇気ある少年に30日間自身の配下である怪異たちを差し向け続けた伝説が宝具化したもの。
指定した相手の元へ次々と怪異を送り込み些細な嫌がらせから始まり最終的に本気で殺しにかからせる。
相手が耐え抜けば何も起こらず不発に終わるが、途中で相手の心が折れるか明確に恐怖を感じた場合サーヴァント、マスターを問わず精神が崩壊し無気力状態にさせ再起不能に追い込む。
【解説】
稲生物怪録に登場する妖怪たちを束ねる魔王。
本来はもっと別の姿らしいが見栄えが悪いという理由で40代ほどの身なりのいい武家の姿をしている。
配下の怪異をけしかけ勇気ある若者の心を折る遊びが好きだが稲生平太郎少年に惨敗してからは一度もしていない。
魔王らしく堂々とした態度と物言いをするが、怪異を操り心を折らない程度のしょうもない悪戯を仕掛けるなどお茶目な一面も持つ。
聖杯にかける望みは「稲生平太郎少年との再勝負」で聖杯が手に入る前から次は彼に何を仕掛けるか考え楽しんでいる。