ACTストーリー案

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー概略

キャラクターの名前部分は仮なので【】で囲います。

  • 世界情勢
魔法文明、機械文明という栄えていた二世代の、のちの時代。
古代技術を活かした食料生産、土木技術を使用しているが、
古代遺物となる機械が壊れた時、修理するだけの技術は存在しない。

舞台となる王国は国王を国のトップに置く君主国。
法規制等は貴族の賛成が必要となる、制限君主制。
国全体の全権をにぎるのが国王で、その補佐となるのが元老院。
元老院にも、法案の提出等、国王の持つ一部の権利を自由に使える。

この世界には、この国のように、王国として生き残ってる国は少なく、
大半の人間は村レベルの集合体で、外部との接触が少ないまま暮らしている。
この国は近隣の国との争いはとりあえず無いが、
国内での小規模の争いが発生することはしばしば。

王国には警察部隊が存在し、様々な部署に分かれる。
魔法を取り締まる、魔法局
世界各地の世界遺物を探し、古代技術を生活に活かそうとする、諜報部 など。


  • 物語の主軸
元老院を倒す

  • 元老院の行動
●元老院の目的
【魔女の親玉】を復活させ、崩壊しかけている世界に繁栄を取り戻す。
→【魔女の親玉】は二世代前の世界で猛威をふるっていた組織のリーダー、驚異的な魔法力の持ち主。
現代は魔法や機械の文明は廃れ、いつ人類が破滅してもおかしくない。
魔女の復活はこれからの生活をするためのエネルギー元となる魔力を取り戻せるという事であり、
魔法文明を再び呼び起こすきっかけとなりうる。

●目的達成の手段
【魔女の親玉】は強い制約により封印されており、封印の解除にはその制約に干渉できるほどの
強い魔力が必要。この国で最も強い魔力を持つ人間、【王女】の力を仮て封印を解除する。
そして【魔女の親玉】の復活と同時に、その魔女をコントロールする。