※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■無慈悲な掟の執行者■


結局、『懲罰の鞭』は展示されていただけで、バーゲンの商品として提供されることはなかった。
菱橋調子はがっくりと肩を落とし、家路につく。
(しかたない、今度の土曜日にイオンに行って新しい鞭を買ってこよう。懲罰の鞭、欲しかったなぁ……)

とぼとぼと河川敷を歩く菱橋を、誰かが呼び止めた。
「やっほー☆ 菱橋さんこんにちわーっ! ……あれ、元気なさそうだね?」
巨大な蟹めいたサイバネ☆クロー。同じ番長グループの、二〇禾予だ。
「ああ。目当ての鞭が出品されなくてね。がっかりだよ」
「そっかぁ。得意の武器がないと困るもんね。ならば……死ねェーッ!」
突然、クローで襲いかかる!
「なっ!?」
菱橋は猛獣との触れ合いで磨いた反射神経で咄嗟にスウェー回避!
クローが胸元を掠めて服を引き裂く!

「いきなり何をする!?」
「ククク……弱ったものを糧にするのはサバンナの掟。てめェの命は私の経験値にさせてもらう。悪く思うなよォ……」
なんで甲殻類がサバンナを例えに使ってるのかは不明だが、言ってることはもっともだ!

「ふぅ……、困った子ね。ここは、サバンナじゃないのよ」
菱橋はズボンのベルトを外し、二つに折って両手で持った。
「止まれっ!」
ビシィッ! ベルトをたわませてから一気に引いて打ち合わせ、鋭い音を立てる!
「ひっ……」
蟹の少女は鞭に対する根源的恐怖を呼び起こされて硬直した。
「サーカスではサーカスの掟に従ってもらう! 調教師には絶対服従! わかったか!」
バシィッ! さらに鞭打ち音!
「ハイ! わかりました!」
元気に答える蟹ちゃん! 良い子!

「よーし、ではこいつに火をつけてくれ」
菱橋は鞄から何かを取り出して組み立てた。
「ハイ! ……アッ、これは!」
蟹ちゃんがクローの火遁放射で着火すると、見事な火の輪が完成した。

「よし、輪をくぐれ!」
「むっ、無理です。怖いです!」
「くぐるんだ!」
バシィッ! 鞭打ち音!
「ひゃあああっ!」
火の輪よりも鞭のが怖いっ! 蟹ちゃんは必死で火の輪をくぐった!

「あっ! やったー! できました!」
「よしよし、偉いぞ。今度の土曜にイオンで生魚を買ってきてあげよう」
「やったー!」

■無慈悲な掟の執行者■ おわり