※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

”ボウコクノイレイザー”

亡国の抹殺者(プロフェッショナル・ソルジャー G・タカクラ)

-The Professional Killer of Lost Kingdom-

■性別
男性
■学年
その他
■ステータス(合計30まで、シークレットは合計25まで。上限は各20、防御のみ12まで)
攻撃力:16 防御力:1 体力:6 精神力:3 FS(Unknown...):4

『用件を訊こうか』


効果:バステ『抹殺者』を付与
範囲+対象:自身一人
時間:永続(条件で解除)
消費制約:応援ボーナス100を支払う

『抹殺者』
状態『抹殺者』は他キャラクターへいかなる効果を持っても付与不可
敵陣営キャラクターを死亡・離脱させた場合、ターン終了時にバステ『抹殺者』を解除する

効果1『歴戦の経験』


効果内容に『無効』とつくアイテム・能力の効果を無視(効果判定をスキップ)する。

※秋乃宮悠仁のような発動時にも干渉する能力無効効果の場合、バステ『抹殺者』を先に有効にしていなければこの能力は無効になります。
それ以外の能力は付与されている無効効果自体を無視します。
(詳しく記載しますと、このキャラクターに対して封印能力で能力を封印したり先に発動してに無効にした場合、先に発動した効果が有効になりますが、このバステ中に無効効果にて効果を無効にした場合、無視されます。これは能力処理に置ける、能力効果の判定フェイズ自体を飛ばして処理し、無視するので、貫通・無効等あらゆる効果を無効にする様な効果ー例えば言切さんといった完全無欠の無効能力ーも記載されている効果判定自体をスキップして無視し、通常のルール処理を行うという解釈です。ですので防御系の無効能力に対しては『抹殺者』状態のこのキャラはルール上の相手の能力判定自体を無視ー効果と効果がぶつかるのをスキップして一方的に有効にするーので、一切防御不可との解釈です。弱点としては発動に干渉できる攻撃型の封印能力やこのキャラより先に発動して対象キャラの能力を無効にするといった能力は有効です。なので攻撃型能力封印や攻撃型無効能力、バステ解除はこの能力の弱点として用意していますので、処理において迷った時はこの詳細を御参考ください。また、アイテムにおいても同様です。)



『用件を訊こうか』を先に発動→相手が無効能力で封印→無効効果は有効だが、バステ『抹殺者』により付与されている無効の効果判定を無視→よって効果有効→バステ『抹殺者』解除後→付与されている無効効果がこのキャラの効果より勝つ

相手がこのキャラより先に能力無効をこのキャラに付与→能力発動時にも干渉されるので効果は不発です。

能力無効化のアイテムを所持、またはこのキャラに使用→効果発動時にも干渉されるので不発になります。

効果2『抹殺の使徒』(-Apostle of Crossout-)

この状態のキャラクターが相手陣営・転校生キャラクターを死亡・離脱させた時、DP2を払って発動することが出来る。

対象キャラクターが持つ能力・アイテム効果の処理をスキップし、対象キャラクターを異次元ゾーンに送る。
その後、死亡させたキャラクターのキャラクター説明を参照し、『一族』『~家』とついた説明文である場合、敵味方転校生陣営を含む全ての場、及びリサーバーのキャラクターを参照し、下記内容から一つを選択して効果を適用する。

効果処理①
死亡・離脱させたキャラクターと同じ設定を含むキャラクターを全て異次元ゾーンへ送る。

※主にキャラ説に記入されている同族系やシリーズキャラクターを敵味方無差別にゲームから根絶します。
転校生にも有効です。

効果処理②
死亡・離脱させた同名キャラクターを全て異次元ゾーンに送る。

※キャラメイクにおける偶然の一致や分身能力で同じ名前のキャラクターが出現したり、コピー能力にて同じ名前になったキャラクターを全て抹殺します。
能力でも分身Aといった名前が違うものは含まれません。
効果処理で読み込むのは死亡・離脱させて異次元ゾーンに送ったキャラの名前であり、性別は問いません。
転校生にも有効です。


上記の効果処理後、全ての陣営のリサーバーのキャラクターはシークレットを解除される。

※場に出ているキャラクターはシークレット解除されません
※異次元ゾーンは基本ルールには存在しないオリジナルのキャラクター置き場です。異次元ゾーンから召還と明記された能力効果のみ召還は可能。
※効果処理のスキップは相手が持つ能力やアイテム効果判定フェイズをスキップしてルール処理を行うものになります。
ですので、死亡や離脱をトリガーとする効果やカウンター効果は行われず、一切無視されます。
攻撃後の効果処理限定のスキップですので、あらかじめ付与されているバステ等の効果は有効です。
また、カウンター効果も例外として『一刀両断さん』の様な攻撃をトリガーとして先に発動すると明記されている物は有効です。
これは、抹殺の使徒の効果起動タイミングが攻撃後となっている為です。
(ただし、防御系無効効果とカウンターやトリガー効果を併せ持つキャラクターを死亡・離脱させ、効果を使用した場合は『歴戦の経験』の効果も上乗せされるので、この場合は相手に付与されてる防御型無効能力と攻撃後の効果判定スェイズは全てスキップされ、効果自体を無視します。)
悩んだ時は上記文章を参照願います

効果3『スナイパーの仕事』

このキャラクター行動時にDP4を支払うことで攻撃対象との距離を無視して必中の通常攻撃を行うことが出来る。
この能力を使う場合、UC以下のアイテム効果を『スナイパーの仕事』の効果処理終了時までこのキャラクターに適用させることは出来ない。


非消費制約
1.状態『抹殺者』になったこのキャラクターに他自軍キャラクターを移動させて重なった状態にした場合、移動させたキャラクターをアイテム及び能力の効果処理をスキップしてして即死させる。
(能力で集合させて自爆は不可、このキャラに他自軍キャラを移動させて重ねた場合のみ)
(この場合は抹殺の使徒の効果は発動しません。制約として処理します)
2,『抹殺者』適用中はこのキャラクターでのDP獲得不可
3.リーダーの場合はいかなる効果を持っても能力使用不可

発動率:70% 成功率:100%

能力原理

Unknown...

キャラクター説明

今は無き帝国のあらゆる軍事訓練を乗り切った優秀な軍人。
通称コードネーム『ゴルゴ』
似たようなコードネームの知り合いが存在するが、総じてまったくの別人である。
海外の某諜報機関から提供された情報を元に国の政府機関『???』(G・タカクラの仕事の流儀によりクライアント情報は不明)から仕事を請けて現在希望ヶ崎学園に潜入中。
その仕事内容とは、治外法権とされている学園で活動を活発化させている闇の武器商人組織『死の商人バルゲンセラー』とそれを支配する危険人物『金光不動』の排除、国家に脅威となる魔人の抹殺である。
提供された情報によると、様々なテロ組織や武装集団、カルト教団に武器や兵器、人身売買を斡旋する組織『バルゲンセラー』とその首領『金光不動』は希望ヶ崎学園を拠点に日本を支配すべく私兵団まで作り、莫大なカネの力で武力による国家転覆が可能となるほどの武器の売買を行い、更に自身を転校生化させたりと無視できないほど活動を活発化させている。
そして、今回それらの排除に問題となっているのが治外法権とされる学園において魔人とのトラブルを避け、ターゲットの抹殺を安全かつ確実に行い秘密裏に処理するという不可能に近い困難な任務ということである。
あらゆる国家権力(ダンゲロス世界の日本国の最終手段となる王家の三種の神器も全てを同時発動はできない為)や自衛隊を使えない状況に頭を抱えた政府は『ゴルゴ』とコンタクトを取れと指示を諜報組織『スズハラ』に下したのである。

その様な経緯で面目上は病気の体育教師に代わって教師として短期赴任し日々を過ごしているが、裏で仕事を行う場所やターゲットについて日々情報収集をしている。
尚、体育教師としては近寄りがたい雰囲気を放つものの、学園の悪名高い不良魔人すら赴任初日に屈服させるなど、手腕を発揮。
基本は無口な恐怖の鬼教官ではあるが、実力と深い経験に裏打ちされた言葉で生徒達を指導し、年齢男女問わず一定の人気はあるみたいだ。

そんな中、ハルマゲドンが勃発。
ターゲットの転校生が現れたことにより行動を本格的に開始する中、ゴルゴの存在を知った陣営のトップは法外な報酬を約束し、戦争の事態収集の為に敵陣営と要人の抹殺を彼に正式に依頼したのである。
場合によっては依頼者すらも抹殺されるということも知らずに・・・。
その様な彼の詳しい情報だが、日系人であり、東郷平八郎という優秀な旧日本軍軍人の子孫の一人と噂されるぐらいで、情報は定かではない。
一つ確かな事といえば、法外な報酬一つで確実に依頼された仕事を完璧に遂行するプロのスナイパーであり、その存在はあらゆる政財界に信頼と畏怖の念を持って語られていることである。
その他については『亡国』となった同郷の仲間が何人か確認されているが、関係等も含め詳しいことは一切不明である。

『俺の背後に立つな!』



応援

登場SS


イラスト

サムネイル
投稿者 蛇部 凛子 フランソワ(仏) 長老
備考 蛇部凛子大瑠璃なめ子
サムネイル
投稿者 ももじ 蟹ちゃん 蟹ちゃん
備考 蟹ちゃんvs亡国の抹殺者 生徒会スタメン&増援!
名前入り