トップページ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高齢者の体臭の原因の一つが2-ノネナール (C9H16O) であることが
発表された。「加齢臭」という言葉は、土師らにより「加齢により体臭も変化する」という
概念を示す言葉として命名された。2008年11月 ライオンが男性特有の
体臭について消臭剤の研究目的で20代後半から30代の特有のニオイについて研究を行い、
2-ノネナール臭とは異なる、ペラルゴン酸 (C9H18O2) を原因とする加齢に伴う
臭いがあることを発見し発表した。この物質は主に30代から増加するという
結果報告もあり、今後のさらなる研究が待たれる。
加齢臭に於いても男性ホルモンが皮脂腺の発達を促し、
皮脂が大量に分泌されるため強い悪臭を放つようになる。