ネット通販、衝動買いで多くの問題も


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ECサイトのさまざまなセールスにより、買わなければ良かったと後悔する利用者が続出している。北京市のOLの孫さんは、「私は理性的な消費を心がけており、必要が生じた場合にモノを購入し、毎月予算を定めている。しかし今年の11月11日(独身の日、各ECサイトが激安セールを展開する日となっている)は、同僚や友人の盛り上がりに感染し、我慢できずそれほど必要ない生活用品を2箱も購入してしまった」と語った。新京報が伝えた。

 孫さんのように、ネット通販の誘惑に負けてしまう人は少なくない。ECサイトのさまざまな販促手段を受け、人々は「トクするかも」という心理に陥ってしまう。しかし消費者は「いかにトクするか」を余り良く理解しておらず、多くの概念を消化しきっていない。軽率にネット通販の大きな流れに飛び込めば、その結果には満足できないだろう。

 ◆集中的な購入、問題が頻発

 ある消費者は記者に対して、「12月12日の激安セールで購入した靴とウールの上着には、セール前に値上げしセール中に値下げするという不正操作があった。天猫(アリババ・グループが運営するB2Cサイト)の一部店舗は、公式のセールに参加していなかったが、勝手に12月12日のセールをテーマとした飾り付けを行い、どさくさに紛れて利益を得ようとした」と指摘した。

 また一部のネットユーザーは、「11月11日は徹夜でショッピングしたが、注文を確定してからも支払いが実施できず、混雑中と表示された。30分待って支払いのページが正常化すると、時間超過により注文が取り消されてしまった。そこで注文をし直すはめになり、また長時間待たされることになった」と語った。

 某ネットユーザーは、「天猫の11月11日の当日、ある豆乳メーカーは定価799元と表示されていた。しかしセールが終了した途端に定価599元と変更された。当日は割引があったため安く購入できたが、この半額をうたった騙しは非常に不快だ」と述べた。

上述した問題のほかに、一部の利用者はセールの内容に満足できなかった。ある消費者は本紙に対して、「それほど割安感はなかった。一部の衣料品は実店舗でも同じ程度の割引が可能な上、ネット通販では試着もできない」と語った。専門家はECサイトに対して、ピーク期を避けた販促により、質の高いサービスを提供するよう呼びかけている。また利用者も、理性的なショッピングを心がける必要がある。

 中国電子商務研究センターは、利用者のクレームを参考にし、今年のネット通販のセールに存在した問題を、「決済の待機」、「虚偽の値引き」、「高い返品率」、「宅配情報の非表示」、「不正の横行」とまとめた。

 ◆さまざまな不正のテクニック

 同センターは報告の中で、「ECサイトの販促の際に、不正行為が活発化する。ユーザーの意図せぬページを強制表示し、リンクで誘導し、抽選情報で釣り、サービス担当者にアルバイトを採用するといった不正行為が見られた。消費者はセールの際に警戒心を緩めることが多いが、損失を被る可能性がある」と警鐘を鳴らした。

 某ネットユーザーは、「11月11日にタオバオの化粧品店で商品を購入したが、氏名・電話番号・購入商品を含む個人情報が漏洩した。電話をかけると、サービス担当者はカードの番号が分からなければお金を騙し取られることはないと答えるだけで、店側は何の責任も負おうとしなかった」と語った。

 別のネットユーザーも、「前回の11月11日のセールで、詐欺メールを受信した。もう少しで騙されるところだったが、すぐにサービス担当者と連絡し、回避することができた」と体験談を明かした。

 業界内の専門家は、「詐欺師はフィッシングサイトや物流などから情報・受注を獲得し、ショートメールを送信し、システム故障により返金が必要なため、個人情報の提供と口座振替を求めることが多い。消費者は消費の過程において注意が必要で、クレームに備えページを証拠として保存しておくべきだ」と注意を促した。

◆配送遅延、店側は無責任

 毎年の11月11日は、全国物流業界のテストと言える。天猫が公開した統計データによると、各大手宅配業者は今年、100機以上の輸送機を緊急動員し、11月11日当日の輸送問題を解決した。

 各ECサイトと宅配業者は11月11日の準備を整えたと称したが、受注量の増加と返品の二重の圧力により、すでに配送されたはずの商品がなかなか届かず、数日待っても物流情報が更新されないというケースがあった。

 多くの宅配業者は早くから準備を整え、運搬ベルトの改造、中継ステーションの賃貸、輸送アウトソーシングサービスの追加により、対応力を強化した。宅配業者・順豊速運の関係者は、「9月より配送のピーク期に向けた準備を開始し、アルバイターの派遣人数を追加した。しかし驚異的な量の受注が一日に集中したため、どれほど十分に準備を整えていても、まったく足りなかったようだ」と語った。

 消費者の林さんは、「11月11日にArtka公式旗艦店で数着の衣料品を購入した。同ブランドはタオバオが11月11日に推薦したブランドで、トップページの最も目立つ位置に表示されていた。注文完了後、店側は準備できた商品から配送を開始した。最も早かった商品は1週間内に到着したが、遅かった商品は12月12日の時点でも到着しなかった。店側からも、何の説明もなかった」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2013年12月20日