※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ワールドマップ

主人公が属する「我らの団」が訪れる村や街で、5つの拠点からなる。
いずれのマップにも、「我らの団」のメンバーによる加工屋・旅団下位クエスト/旅団上位クエスト受付のクエストカウンター・竜人問屋屋台があり、さらに拠点によっては独自の雑貨屋・武具屋や特殊な施設が存在する。

バルバレ

ストーリーの最初に訪れることになる、たくさんの人たちが各地から集まってできた市場。
移動する集会所をもとに、さまざまなキャラバンが集まって構成されている。その性質上、地図に載らないことで有名。
ここからは、ワールドマップ画面を経ずに「集会所」に直接行くことができる。
基本的な施設のみが揃っており、旅団クエストを進めることで、利用できる施設が開放されていく。

ナグリ村

2番目に訪れることになる、「地底火山」地帯に構えられた村。
「土竜族」と呼ばれる種族が暮らしている。
探索」や「ギルドクエスト」で入手した「発掘装備」を研磨してくれる職人がいる。
また、マップ左下方面にピッケルを拾える場所があり、
ストーリーが進むにつれて、拾えるピッケルの種類が増え、最後には「フエールピッケル」も拾えるようになる。

チコ村

3番目に訪れることになる、小さな島にある村。
竜人族の村長と、アイルーのみが住んでいる。
オトモアイルー達が住まう「ぽかぽか島」がある。

シナト村

ストーリーの終盤に訪れることになる、「天空山」の麓にある村。
長老の他に「大僧正」と呼ばれる人物がおり、「ドンドルマ」の村長とは兄弟である。
狂竜結晶を用いてアイテムを増やしたり不要なお守りを新たなお守りに変える「マカ錬金屋」がある。

ドンドルマ

『MH2』で登場した大都市。
モンスターの襲撃を受けた為、ゲーム開始時点で既に半壊状態に陥っている。
古龍らしきモンスターがドンドルマに接近しつつある為、復興と防衛の協力依頼を受けることとなる。
他の拠点にはない施設として、「アリーナ」・「狂竜ウイルス研究所」・「大老殿」が存在する。
『MH4G』で追加された「G級クエスト」は大老殿で、「G級闘技大会クエスト」はアリーナで受注可能。
なお、この街では釣りが可能。しかも、他では釣れない珍しい魚ばかりを釣ることができる。

アリーナ

G級闘技大会クエスト、及び歌姫の唄を聞く事ができる。
名前 選択可能時期
礎の唄 最初から
まほろばの唄 旅団★10「高難度:勇者は氷の試練に答え」クリア
ひとつの唄 旅団上位緊急「高難度:師匠からの試練」クリア
悠久の言葉 G★3「阿鼻叫喚のカルテット」クリア
深淵の朔望~月震 G★2「激突する対双角」クリア
魂を宿す唄 旅団★7「勇者は兵長の奇襲を受けて」クリア
精霊へ歌う唄 旅団★8「勇者は騎士の孤槍を受けて」クリア
生命に捧ぐ唄 G★3「高難度:不協和音の風が鳴る」クリア
始まりの唄 旅団★8「勇者は王者の炎を受けて」クリア
目覚めの章 G級闘技大会を全てクリア

歌姫の唄を全て聞けるようになると、アリーナにいるお手伝いネコから以下の「オトモの装備品」がもらえる。

狂竜ウイルス研究所

旅団★8「遺跡平原の有閑マダム」クリアで解禁される施設。
狂竜症を発症したモンスターに対抗するための「抗竜石」のほか、狩猟をサポートしてくれる様々な研究アイテムを販売している。

抗竜石
抗竜石の種別 効果時間 再利用時間 効果 使用可能時期
耐衝 110秒 90秒 狂竜化・極限状態モンスターから受ける被ダメージを軽減する。 最初から
剛撃 70秒 110秒 狂竜化・極限状態モンスターに与えるダメージが上がる。
属撃 80秒 90秒 狂竜化・極限状態モンスターに対する属性攻撃力・状態異常蓄積値が上がる。 納品依頼「研究所、改良!」クリア
心撃 65秒 140秒 極限状態モンスターが持つ攻撃弾き効果(心眼すら無効)を無効化する。

研究アイテム
種類 必要旅団ポイント 入荷スパン 購入可能時期
万能湯けむり玉 300pts 3回 最初から
生命の大粉塵 500pts 5回
応急耳栓 200pts 1回 旅団★9「高難度:王と女帝は狂威に満つ」クリア
要塞防衛式弩砲弾 50pts 1回 納品依頼「研究所、さらに改良!」クリア
高密度滅龍炭 1000pts 5回

集会所

「バルバレ」に面した、移動式の集会所。
3人のクエスト受付嬢、ギルドストア、銅鑼ねえちゃん、ギルドマスターの6人で運営している。
マルチプレイ(多人数向け)の「下位」・「上位」・「闘技大会クエスト」は、ここで受注することができる。

大老殿

「ドンドルマ」に面した、G級クエストを取り扱う場所。
部屋の中央には巨大な竜人族である大長老が鎮座する。
基本的にG級クエストの受注資格のない者は足を踏み入れる事すらできない。


|