※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『へっへ。。もう逃げられないぜ。私が存在した世界は死は一時の休憩の様なものだ。喰らえ、サイバネクロー』
そう言い、赤きサンシタ一族の猛者、戦場のバルキリー サンシタオウジョは謎の戦闘力を認識し、一族の危険を野生の勘で感じ取り、対象に襲いかかる
が、次の瞬間!
『バリ、キュイーン。。。』突如目の前に次元の裂け目が生じ彼女の周りの空間そのものが、そして彼女のサイバネクローも歪んだ時空に浸食された
ゴルゴ『誇りは気高いが、過剰になれば傲慢だ…それは苦々しいだけだ…』
ターゲットを直ぐさま異世界から彼女を召還した一族の殺害可能なターゲットに変更し、その存在が消えた瞬間、武器に備わる魔法ともいえる力がゴルゴの認識を通して彼女に襲いかかる
ゴルゴ『元の世界へお帰り。ここは貴様の存在する次元ではない』
オウジョ『ち、、ちくしょー』
そう言い残しゴルゴは次の仕事へ向かった

尚、オウジョはHR4の世界へその強靭な能力をもって無事帰還したようである
今回ゴルゴにとって強敵であった事は確かな様だ。