※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『く、、ここは何処だ!』
某一族の司令官は次元の狭間に放り込まれ無限空間をさまよっている
某一族すべて異世界に送り込まれたが、彼は次元の狭間の中で迷子になってしまったようである。
頼りの赤き戦場のヴァルキリーも一緒に放り込まれたが、彼女は既に元の世界(HR4)へ帰ってしまい、この空間では呼び出せない
無限とも呼べる空間地獄を抜け、時の最果てから違う時空に到達した時、彼は記憶の一部を欠落し、魔人能力もなくなっていた。
そして、無限とも呼べる空間地獄を抜けた先は見た事もない帝国が存在する世界だった!
そこは亡国の人の故郷がある次元時間軸、そして魔導科学が発達した世界
自身の意識が混濁する中、サンシタと呼ばれていた称号はもほや彼にはない
『亡国の司令官』として新しい境地に目覚めつつある彼がそこにはいた...
だが、彼は一族の絆は決して忘れてはなかったのである。
『俺は誰だ!。。。だが記憶にかすかに残る暖かい記憶、これを私は確かめに行く』
その決意を胸に、彼は新しい世界を生きる事にしたのである