※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フランとゴリラの応援感想 第1話『二日目』


フランとゴリラの今日の散歩は報道部室。
部員のみんながいないあいだに、放送機器をいじっちゃおう。

ピンポンパンポン~♪

「いよいよ始まりました! 応援感想で陣営を賑やかそ―ぜ! のコーナー!」
「ウホウホ」
「あらためまして皆様こんにちは。パーソナリティは私、フランチェスコ・ロマーナーです」
「ウホウホ」
「解説にはお馴染みマタンゴリラさんをお迎えして、さあ楽しくやってまいりましょう!」
「ウホ!」


「それでは早速、バーゲン生徒会応援スレの >>3 フランソワさんより『翼虎』」
「ウホウホ」
「こちらはイラスト応援ですね。どれどれこれは……おおっ!? 予想の斜め上行くド迫力!」
「ウホ!」
「まさかイラストをオープンした途端に正面から睨みつけられるとは思ってもいませんでした」
「ウホウホ」
「そして純白の翼……すごいマッチングだとは思っていましたが、改めて絵で見て分かるこの威力」
「ウホ」
「翼虎さんのシンプル・イズ・ベストなキャラクター説明とも一体となった逸品ですね!」
「ウホ!」
「さて、実はこちらに話題の翼虎さんをゲストメンバーとしてお呼びしておりますが……」
「ガオン!」
「ウホ!」
「野性味溢れる魅力を語って頂きたかったところですが、お話をうかがう事はかないませんね。虎ですから」
「グルルルル」
「ウホウホ」
「しかしこちら、非常に野生的な絵面の会場となっておりますのが皆様にもきっと伝わっているでしょう」
「ガオーッ!」
「ウッホホ!」
「はい、これはきっとサバンナでも言えるレベルです。では、翼虎さんありがとうございましたー!」


「続いてはバーゲン生徒会応援スレの >>4 同じくフランソワ(仏)さんより『蛇部 凛子』」
「ウホウホ」
「投稿者名を私との混同を避けるために(仏)付きにして頂いてしまいましたね。ありがとうございます」
「ウホウホ」
「とにもかくにも槍に拘り抜いたキャラクターである蛇部さんを描いたイラスト応援ですね」
「ウホ!」
「これぞやり投げ!」
「ウホウホ!」
「直球ど真ん中のやり投げもさることながら、トゲトゲした髪型や表情からキャラクター性もグッと表れていますね」
「ウホウホ」
「それでいて荒々しい雰囲気だけにおさめず、内股の脚や女性らしいラインで女の子の可愛さもシッカリです!」
「ウホッ!」
「フランソワさんの応援イラストはスラリとしたシルエットの女性がいつも魅力的なものです」
「ウホ!」
「さて、それではご本人からもお言葉を頂きましょう。生徒会が誇る強アタッカー蛇部凛子さんです!」
「ウホウホ!」
「あー? どーも。で、アタシは何ヤリゃいいって? 感想? もっとヤリがいのある――」
「おおっと! 蛇部さん! ラジオではネガティブな発言はどうぞ控えめに――」
「アタシはヤリたいようにやるだけさ。気に喰わないならアタシは帰るよ。殺りがいのある槍男を探しに――」
「駄目だこれラジオ進まない! 槍の代わりに匙を投げましょうって事で、蛇部凛子さんでしたー!」


「続いていきましょう!バーゲン生徒会応援スレの >>5 やまさんしたさんより『大瑠璃なめ子』」
「ウホウホ」
「やまさんしたさん……お名前が……ええと……まあ、応援を見ていきましょう!」
「ウホ!」
「こちらは優秀なバランスアタッカーの大瑠璃さんのイラスト応援ですね」
「ウホウホ!」
「ほおー! これは丸顔丸文字が可愛らしい金髪ツインテール! 胸元のピンクリボンも実にあざとい!」
「ウホホッ!」
「きゅっと曲げた唇と吊り上がった眉に対するピンクのほっぺにハートの目! とても素敵な表情です!」
「ウホ!」
「この目で見つめられては誰だってときめかずにはいられないのではないでしょうか――ね? 大瑠璃さん?」
「わわっ!? いきなり私に振らないでよ!」
「はい! こちらがゲストの大瑠璃なめ子さんでーす!」
「ウホウホ!」
「ええっ!? 何よ、この応援イラストに感想を言えっての?」
「どうぞ思いの丈を言っちゃってください! ――なんて、こちらからはその朱い頬だけで伝わりますがね」
「か、勘違いしないでよねっ! こんなに可愛く描いてもらって嬉しくて泣きそうなだけなんだからっ!」
「お手本のような素晴らしい感想をありがとうございましたっ!」
「ウホウホ!」
「それでは、大瑠璃なめ子さんでしたー!」


「本日の最後を飾るのはバーゲン生徒会応援スレの >>6 やまさんしたさんより『金光不動』」
「ウホウホ」
「バーゲンの転校生が颯爽とイラスト応援で登場です」
「ウホ」
「いやー金文字ネームに赤ワイン、猪首に不敵な笑みと濃縮された金持ちですねこれは!」
「ウホ!」
「これは――あ、すみません。文字数制限の問題で今回はここまでのようです」
「ウホ?」
「スタンバってくれていた金光さんもすみません、え? 金は幾らでも払う? いや文字数はちょっと」
「ウホ」
「えー駆け足ではありますが、それでは皆様、またお会いしましょう! 次回も合言葉は――」

「賑やかそ―ぜ!」