※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■たたかえ蟹ちゃんシリーズ■第1話☆クラウディアの新たなる戦い!■


四一四爆弾によって多くの死者が出た、スパイダンゲロス・ハルマゲドン。クラウディア・ニーゼルレーゲンも、その犠牲者の一人と思われている。だが、彼女は間一髪の所を救出されていた! それでも爆発によって受けたダメージは大きく、数日間生死の境を彷徨ったという。1

命を取り留めることができたのは、彼女を救出した少年が持つ不思議な力のお陰かもしれない。組織には、任務を失敗して死んだものと見做されているようだ。もはや復帰は望めない。行き場を失ったクラウディアに傘部の先輩である雨竜院畢は、しばらく家に来ないかと提案した。2

ひとときの平安な日々。雨竜院の家は、クラウディアにとって何故か懐かしく、心地良かった。そして、クラウディアの胸には、命の恩人である少年への想いが宿っていた。だがその想いは、禁断の果実だったのかもしれない。クラウディアの……あるいは転校生《惑える霧雨》の新たなる戦いが始まる! 3

クラウディアは雨竜院家の来賓室にて、静かに読書していた。要人を迎えるためのこの部屋は、豪華なシャンデリアが照らす洋風の造りで、クラウディアのお気に入りの部屋だ。特に来客のない時は自由に使って良いと言われている。ドゴォーン! 遠くで破壊音。4

ドゴォーン! 破壊音は近付いてきている。ドゴォーン! すぐ近くだ! ドゴォーン! 来賓室の壁が破壊される! 現れたのは巨大なクロー状の両腕を持った謎のサイバネ少女! ギシッギシッ。蟹のようなクローを軋ませ、攻撃的な視線をクラウディアに向ける。果たして敵か味方か!? 5

「テメェが新入りかァー? さっそくブチ殺すッ!」やはり明らかに敵だ! ブウンッ! ゴシャァッ! 振り下ろされる巨大クローが来賓室の長机を破壊! クラウディアは素早く飛び退いて回避! 青い和傘をサーベルのように構える! 6

爆発で大破した『ニョルズ』は修理中。この青い傘は借り物だ。本来の持ち主は故人とのことだった。非常に優れた武傘ではあるが……不慣れな武器でどこまで戦えるだろうか? だが、クラウディアの手に和傘は不思議とよく馴染んだ。『ネーベルバンク』発動。白い霧が室内に満ちる! 7

「おお? こりゃ何にも見えねェなァー!」霧に包まれ視界ゼロ! しかしサイバネ少女は余裕綽々で言った。「だが相性が悪かったなァ! こんな霧はサイバネ火遁のパワーで文字通り雲散霧消よォーッ!」カチリ。クローの火遁放射機能を起動! 8

……しかし何も起こらない!「あ、あれっ!?」カチリ。カチリ。何度起動しても火遁放射できない! 湿気が多すぎるのだ! ひゅんっ! 霧の中から傘が現れる!「グワーッ!」傘が脇腹に刺さる! ひゅんっ!「グワーッ!」ひゅんっ!「グワーッ!」9

磨き抜いた暗殺感覚によってゼロ視界にあってもクラウディアの突きは正確無比! ひゅんっ!「グワーッ! おのれクソがァーッ!」闇雲に振り回される巨大クロー! ガシャン! ガシャーン! 室内の調度品が破壊される音! しかしクラウディアは当然無傷! 10

「ウガァアァーッ!」敵は両腕の巨大クローを振り下ろして床を破壊!「きゃっ!?」足元を崩され小さな悲鳴を上げるクラウディア!「そこかッ! 死ねェーッ!」声の方向目掛けて振るわれる右の巨大クロー! 体勢を乱されたクラウディアは回避できず!「んぅあーっ!」命中! 11

霧が晴れる。クラウディアは左巨大クローで首を挟まれ組み敷かれていた。「ククク……あとはこの爪にちょっと力を込めれば、貴様の首とボディはお別れだなァ。だが、簡単には殺さないッ!」右巨大クローがライダースーツを引き裂く! 12

雨竜院らしからぬ豊かな胸が露わに!「この淫乱な身体であの人を誘惑したのかッ、この雌豚めェーッ!」引き裂かれてゆくスーツ! だが暗殺者・クラウディアは冷静だった。これは好機だ。巨大クローによって生じる死角を利用して、慎重に武傘の狙いを定める……! 13

ドウッ! 武傘『青蓮華』の突剣射出機構が作動! 射出反動で武傘の骨組みはバラバラに分解! 真っ直ぐに飛んでゆく武傘先端の突剣! しかし……突剣は敵の頬をかすめて天井へ!「うわッ危ねェッ! ……だが、残念だったなァ」「いや、そうでもないよ」「ア?」14

突剣は狙いをあやまたずシャンデリアの鎖を切断! ガッシャーン! 敵頭上に大型シャンデリアが落下!「アバーッ!」クローが緩みクラウディアは脱出成功! だが、敵ダメージの方が大きいとは言え、武傘を失ってしまった。果たして勝てるだろうか。……その時! 15

来賓室に新たな人物が現れた!「なにがあったの!?」その女性の両手には二本の武術用トング!「チィッ! 聖槍院九鈴が居やがったかッ! 相手が悪い、今日はこの辺で勘弁してやるッ!」ドゴォーン! 壁を破壊して逃げ去るサイバネ少女! 16

「ごめんなさい。大切な傘を壊してしまって」頭を下げるクラウディア。「べつにいいのよ。傘は直せばいいし、青蓮華が役立って雨雫も喜ぶと思う」九鈴は優しく笑った。「かわいかったね。今の子」「えっ、まあ確かに見た目だけなら……」「すてきなハサミ……」「そこですか!?」17

乙女たちは戦う。恋心の導くままに。九鈴が戦うべき相手は親友、雨竜院雨雫。だが、死者といかにして戦えばいいのか。そして、クラウディアが戦うべき相手はサイバネ少女だけではない。少年を狙うライバルは……ものすごく多い! 戦え! 恋する乙女たちよ! そして……できたら死なないで! 18

■第1話☆クラウディアの新たなる戦い!■ おわり


参考リンク: