こちらのページでは、 チョロQHG3 の小ネタについてまとめています。

メニュー



◆ノイズシティのBGMが変化

バンドメンバーを揃えた後に、クラブQを訪れる。
ライブを見ていくか?との質問にいいえと答えて外に出ると、BGMのドラムパートが鳴らなくなる。
ポーズをかけたり、民家に入ってから再度街に出ると元に戻る。

◆PinkSardine

前作に引き続き、このゲームのBGMを担当した田辺氏の率いるロックバンド『PinkSardine』の曲が聴ける。
本作中では6枚のミュージック・ディスクが手に入るが、この6曲はPinkSardineのファーストアルバムの収録曲である。
また、バンドに勧誘できるメンバーの内、ノイズシティのブンタ・スクラッチマウンテンのリュウム・グランジガーデンのソウザ・ノイズシティのゴンズは、PinkSardineのメンバーがモデルとなっている。

◆現実世界の車もジャンプする?

本作ではチョロQが自発的にウィリーやジャンプなどのアクションを取ることが大きな特徴となっています。
割と現実離れしたような能力に感じるかもしれませんが、実は現実世界でもジャンプできる自動車があるのです。


この動画は、音響メーカーのBOSEが開発したアクティブサスペンションを紹介するものとなっています。
この動画の終盤、サスペンションを上手く動かすことで、段差をジャンプで越えているシーンがあります。
この場面を見ると、どことなく本作のチュートリアル、Qトロニックの睡眠学習を思い出します。

ゲームと直接の関わりがあるわけではないのですが、
本作のアクションが奇抜かと思いきや、実は現実でもやろうと思えばできることだ、という趣旨で紹介してみました。

コメント欄
名前: