こちらのページでは、 チョロQHG2 に登場するキャラクターの情報をまとめています。

メニュー



概要

チョロQHG2に登場した主要キャラクターについて解説する。
ここでは物語の主要人物、レースに出場するライバルについて述べる。
各町にいるキャラクターの簡単な解説についてはチョロQワールドの各町のページを参照。

◆最終ボスキャラクター

外観
名前 フォレスト
分類 最終ボスキャラクター
ボディ Q149(リンカーン・マークⅤ)
カラー 深緑
性別 男性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 大統領との一騎打ち
チョロQワールドの大統領にして、今作の最終ボス。
豪胆で竹を割ったような性格だが、気分屋で突拍子もない事を考えては周囲を振り回す事もしばしば。
大統領職に嫌気がさし、ワールドグランプリの優勝者にその地位を譲る事を決定したのが、今回の物語のきっかけである。
グランプリに優勝したプレイヤーは、大統領職をかけてフォレストと1対1のレースに挑む事になる。

大統領との一騎打ちでは、グランプリのライバル達と同様にジェットタービンとウィングセットを装備している。
コーナーで頻繁に減速するので、高性能なパーツを揃えてば意外と苦戦する事は少ない。
だが最大の特徴はその最高速。ホームストレートでは350km/h近いスピードで一気に飛ばしにかかるので、注意が必要だ。

勝利すると見事自分を打ち負かしたプレイヤーを称え、大統領職を託し辞任する。
エンディングにおいてサンドポリスでプレイヤーを見送るシーンを最後に、以後ゲーム本編には登場しない。
ガレージに届くメールでは、辞任後は各地を自由に走り回り、健在である事が確認出来る。

その後の彼については、「チョロQHG3」を参照の事。

名前の由来は第85・86代内閣総理大臣を務めた「森喜朗」元総理からだと思われる。

◆ライバルキャラクター

外観
名前 ディーツ
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q104(フォード・GT40)
カラー 水色
性別 男性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 各街のレース
クラウドヒル在住のチョロQ。グランプリ・大統領との一騎打ちを除く全てのレースに参加している。
どのレースでも基本的にはポールポジションからスタートして、その高い実力をプレイヤーに見せつける。
何れかのレースで彼より上位で入賞すると、仲間にする事が出来る。

如何なるコースにおいても、プレイヤーの故意的な行動を受けない限りは基本的に1位を守っている。
ガルルーリバーなど一部のコースではその実力を最大限に発揮し、ぶっちぎりで独走する。

その実力を物語るかのように性格はこれでもかと言う程の自信家で、口調こそ爽やかだが
発言の随所に皮肉めいた事を織り交ぜており、プライドの高さが見て取れる。
一方でレースに対する態度は真摯そのもの。「難しいからこそ、走る意味がある」と考えている。
そのため、格下の相手にこそ厳しいが自分と同格だと感じた人物に対してはある程度柔らかい態度で接するようになる。

趣味は色々と考え事をしながら、ゆっくりと散歩する事。口には出さないが、内心では大統領職に強い憧れを抱いている。

ゲームクリア後に彼から訊ける台詞は必見。

今作でもかなりの実力者だったが、次回作であるチョロQHG3では更に成長した状態で再登場、
グランプリレースでは世界最強のレーサーとしてプレイヤーを大いに苦しめる存在となる。
そちらでの詳細は、「チョロQHG3」を参照の事。

名前の由来は洋画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するロボット「R2-D2」からと思われる。

外観
名前 ピーオー
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q099(フェラーリ・テスタロッサ)
カラー
性別 男性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 各街のレース
クラウドヒル在住のチョロQ。グランプリ・大統領との一騎打ちを除く全てのレースに参加している。
どのレースでも基本的には2番手からスタートして、ディーツに次ぐ高い実力をプレイヤーに見せつける。
何れかのレースで彼より上位で入賞すると、仲間にする事が出来る。

ディーツとは対照的に、その性格は好青年そのもの。
最近クラウドヒルに来たらしく、プレイヤーをライバルと見なしたり新米同士仲良くしようと口にするなど、好印象な発言が目立つ。
一方でチームを組むならクラウドヒルに辿り着ける実力の相手を希望している所、彼もまた自分の実力に自信を持っている事が伺える。
グランプリ優勝後も大きく態度を変えることは無く、終始気のいい友人のような感覚でプレイヤーと接してくるため、
よく言えば裏表のないまっすぐな心根を持っている。

そのせいか内心ではディーツの事をあまり快く思っていない。

次回作であるチョロQHG3では更に成長した状態で再登場し、
グランプリレースでは世界の強豪の一人としてディーツと共にグランプリ優勝候補になるほどの実力を得た。
そちらでの詳細は、「チョロQHG3」を参照の事。

名前の由来は洋画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するロボット「C-3PO」からと思われる。

外観
名前 リョージ先生
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q143(マツダ・787B)
カラー 緑・オレンジ
性別 男性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 耐久レース
サンドポリス出身のチョロQで、旅をしながら世界各地で勉強を教えている教師。
温厚な性格で終始丁寧な口調で話す、紳士的な人物。
緑とオレンジの模様がよく目立ち、外観もあいまってレーシングカーの中でも特に速そうなイメージを与える。
マイシティの耐久レースのみに出場し、18番手からスタートする。

既にいくつもの世界を渡り歩いているが、 若々しい容姿とは裏腹に 高齢のため一つの土地に安定して教鞭を振るおうと考えている。
一定条件を果たすことでプレイヤーの進言でマイシティに移住し、そこで学校を作る事を決めるようになる。

マイシティ移住後は学校の教師(おそらく学長職も兼ねている)となり、学校で会った際はプレイヤーに対して勉強が好きかどうか質問してくる。
(余談だがこの時「嫌い」と答えるとリョージ先生の勉強に対する独自の価値観を聞くことが出来る)
耐久レースで彼に勝った後は「チームプレイの大切さや努力の大切さを説く」という目的のもとで仲間に加えられるようになる。
いついかなる時も子供達に何かを教えることを考えており、レーサーとしての誇りも教師としての誇りも見事に併せ持っている。

そのストイックな性格ゆえか、次回作であるチョロQHG3でも再登場し、
ランクLのレースでは一部のコースを除いてポールポジションからスタートする。
グランプリレースにも出場し、世界の強豪の一人としてディーツやピーオーに次ぐ実力を持ってプレイヤーに挑んでくる。
そちらでの詳細は、「チョロQHG3」を参照の事。

名前の由来はTVドラマ『スクール☆ウォーズ』の主人公のモデルとなったラグビー指導者「山口良治」からと思われる。
(※ただし、元ネタの方は良治と書いて「よしはる」と読む)

外観
名前 ミーン
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q068(トヨタ・カストロールトムススープラ)
カラー 白(赤・緑のストライプ)
性別 女性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 耐久レース
パパイヤアイランド出身のチョロQで、失恋による傷心を負った女性。
マイシティの耐久レースのみに出場し、19番手からスタートする。

当初はどこか儚げな印象を持っていたが、本来は割とまっすぐな性格で誰とでも打ち解けられる明るい人物だった。
パパイヤアイランドで彼氏に振られたことをきっかけに他の街への移住を考えるようになる。
一定条件達成後はプレイヤーの進言でマイシティへの移住を決めることになる。

移住後はソーシーが建てた公園のすぐ近くに家を持ち、そこで生活するようになる。
少しずつ本来の性格である明るく人当たりのいい部分が現れるようになり、
恋愛・レースの双方でまだまだ熱意を燃やそうと画策するようになる。
耐久レースで彼女に勝った後は仲間に加えることができ、
仲間に加えるとプレイヤーに対して何の屈託もなく感謝の意を述べてくれるようになる。

次回作であるチョロQHG3でも再登場し、ランクMのレースでは一部コースを除いてポールポジションからスタートする。
他のレーサーとは異なり、街の中に姿を現すがグランプリレースには出場してこない。

外観
名前 コブラン
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q057(ポルシェ・935)
カラー 白(赤・水色のストライプ)
性別 男性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 耐久レース
ピーチタウン出身のチョロQで、他者を思いやる気持ちの強い好青年。
白地に赤と水色のストライプが施されており、レーシングカーながらどこか高潔な印象がある。
マイシティの耐久レースのみに出場し、20番手からスタートする。

ソーシーと同じく公園を作ると言う夢を抱いており、一番の動機に「子供たちに喜んでもらいたい」事をあげている。
夢に対して努力をしているが予算不足を嘆いており、一定条件でプレイヤーの進言を受けてマイシティへ移住する。

そこで公園を建設し、移住後はその公園の周辺道路を周回するようになり、公園を見た感想をプレイヤーに求めてくる事も。
また、ソーシーと同じく公園を作るが、コブランの方には一定条件達成後に銅像が立つなどやや豪華な作りとなっている。
耐久レースで彼に勝った後は仲間に加えることができ、チームプレイの面白さを嬉々として語ってくれるようになる。
また、仲間に加える際は公園を「夢」、レースを「本業」という風に語っており、
優しく思いやりのある性格の一方、レースに対して非常にストイックな面も併せ持っている。

次回作であるチョロQHG3でも再登場し、ランクSのレースでは毎回ポールポジションからスタートする。
また、グランプリレースにも出場し、世界の強豪の一人として大幅に成長した状態で臨んでくる。
そちらでの詳細はチョロQHG3を参照の事。

名前の由来は公園の遊具「ブランコ」からと思われる。

外観
名前 ソーシー
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q059(日産・スカイライン スーパーシルエット)
カラー
性別 女性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 耐久レース
マロンキャニオン出身のチョロQで、おっとりした性格の女性。
女性キャラクターではあるが、赤と黒を基調とし、全体をエアロパーツで武装しているなどレーシーな外観をしている。
一貫して丁寧な口調・優しい雰囲気でしゃべるが、移住前はセリフの一部分がなぜかややマニッシュな口調になっている。
マイシティの耐久レースのみに出場し、22番手からスタートする。

公園に対して強い思い入れがあり、将来は公園の設計士になろうとしているが、
出身地であるマロンキャニオンには公園がなく、別の街に移って自分で公園を作ろうと画策している。

一定条件を果たすとプレイヤーの進言でマイシティに移住し、そこで公園を建設する事になる。
移住後は建設した公園付近の道を走行するようになり、プレイヤーに対して感謝の意を表してくれる。
耐久レースで彼女に勝った後は仲間に加えることができ、仲間に加えた際は「二つ目の願いが叶った」と、
プレイヤーに好意を寄せているともとれる発言をする。

次回作であるチョロQHG3でも再登場し、世界の強豪の一人として大幅に成長した状態でグランプリレースに臨んでくる。
そちらでの詳細はチョロQHG3を参照の事。

名前の由来は公園の遊具「シーソー」からと思われる。

外観
名前 クリーン
分類 ライバルキャラクター
ボディ Q031(清掃車)
カラー 水色
性別 男性
登場作品
チョロQHG2
チョロQHG3
出場レース 各街のレース
ピーチタウン在住のチョロQで、グランプリ・大統領との一騎打ちを除く全てのレースに参加している。
シリーズお馴染みのせいそうしゃである。
どのレースでも基本的に23番手からスタートして、殆どの場合最下位を走行している。

出場しているライバルの中では最も遅く、装備はコースによってはライバルたちと同じ物を装備しているが、
基本的に最下位を抜け出す事は無い。

パパイヤアイランドから遊びに来たあるチョロQに恋をしている。
その恋心を伝える為に、川にラブレターを入れた小瓶を流したが、それがちゃんと届いているのかを心配している。
その思いを無事に伝える事が出来れば、彼を仲間にする事が出来る。

名前の由来は掃除・綺麗を意味する英語「Clean」からと思われる。